カテゴリー別アーカイブ: デイトジャスト41

NEWデイトジャスト41

NEWデイトジャスト41

世界最大の時計宝飾見本市バーゼルワールド2016でロレックスは、デイトナの新作やエクスプローラーⅠのモデルチェンジで例年にも増して大きな話題となりました。

しかし、新作が発表されたのはスポーツモデルだけではありません。

ドレス系の定番であるデイトジャストからも魅力的な新作が登場しています。

 

 

モデルチェンジを行ったのは、現代のニーズに合わせて従来の36mmよりもサイズの大きい41mmケースを採用したデイトジャストⅡ。

ケースサイズこそデイトジャストⅡと同じですが、外装、ムーブメントともに格段の進化を遂げています。

 

ムーブメントは、2015年のバーゼルワールドで発表されたデイトジャストの限定モデル、パールマスターに搭載されていた新キャリバー Cal.3235をレギュラーコレクションとしては初めて搭載しました。

ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイによる耐磁性、パラフレックス ショック・アブソーバーによる耐衝撃性に加え、ゼンマイの収納量を高めた香箱や動力の伝達ロスを軽減するパテント取得のクロノナジーエスケープメントにより、駆動時間を従来の46時間から70時間へ飛躍的に向上させました。

また、デイトジャストの代名詞でもあるカレンダー機構でも、20時から翌04時までの間は日付の操作が不可能になるという機械式時計のタブーを打ち破り、操作時刻に左右されることなく、好きな時間に日付の調整が可能になるという革新的な改良を実現しました。

 

外装や文字盤のデザインに関しても、ベゼルがやや厚く、大き目のインデックスを採用していたデイトジャストⅡのバランスを変更し、36mmのデイトジャストⅡに準じたデザインに変更。

ベゼルの幅を若干スリムにしたほか、インデックスの造形もシャープな雰囲気に変更されました。

これにより、ややスポーティな雰囲気が強かったデイトジャストⅡに比べ、新作はデイトジャスト本来のエレガントさをより忠実に継承し、高級感が増した印象になりました。

 

3連オイスターブレスレットに加えて、新たにジュビリーブレスレットがラインナップに追加されたことも、選択の幅が広がり嬉しい展開です。

 

実用に即したスペックの向上を実現し、現代のニーズに即したサイズ感とデイトジャストの伝統的スタイリングを両立した、NEWデイトジャス41は、ロレックスの新たな定番コレクションとなるでしょう。

カラーと素材のバリエーションが豊富なことも嬉しい限りですね。

Ref.126333

126333-blkdj 126333-blkdo 126333-blksj 126333-blkso 126333-glddj 126333-glddo 126333-gldsj 126333-gldso 126333-slvsj 126333-slvso 126333-whtsj 126333-whtso