カテゴリー別アーカイブ: エクスプローラーⅠ

エクスプローラーⅠの市場動向

地味な変更ながらユーザーが持つ不満をしっかりと解消してリニューアル登場したエクスプローラーⅠ。(以前の記事参照)

3・6・9のアラビアインデックスに夜光が追加され、針の幅が太く・長くなったりと、リニューアル登場とはいっても、扱いとしてはあくまでマイナーチェンジです。

レファレンスナンバーも変わりませんし、国内参考価格も変わっていません。

普通の感覚でいえば、デザインの変更のみですので、価格が変わっていないのであれば新しい方が良いという人がほとんどでしょう。

ただ、旧モデルRef.114270の人気は依然として高いようです。

 

Ref.114270は、耐衝撃性能を強化した新型ムーブメントを搭載した新型エクスプローラーⅠ Ref.214270(2016年)の登場に伴って生産終了となっています。

初代Ref.214270(2010年発表)の針の長さとケースサイズのバランスについてファンの間で不満が続出していたのですが、その原因は36mm(Ref.114270)から39mm(Ref.214270)へケースサイズがアップしたことによります。

それまでエクスプローラーⅠはスポーツモデルでありながら、シンプルなデザインと控えめで小ぶりなサイズであることが人気のポイントになっていたのです。

このサイズアップの影響は根深くて、今もなお、36mm径のRef.114270は非常に高い人気で推移しています。

なんと、生産終了となった2010年から価格が上昇を続け、USEDの価格ですが現在は2010年当時のほぼ倍になり、Ref.214270の新品実勢価格とほとんど変わらない価格になっています。

サイズは39mmのままですが、マイナーチェンジが施された2016年の新型エクスプローラーⅠ Ref.214270では、問題の一つであった針の長さとケースサイズのバランスの問題が解消されたわけですから、根強い人気の36mm径 Ref.114270の人気動向は、新型エクスプローラーⅠ Ref.214270の市場に少なからず影響するでしょうね。

 

214270

Ref.214270

 

 

 

 

NEWエクスプローラーⅠ

新型エクスプローラーⅠ 登場

2016年のバーゼルワールドにおけるロレックスの話題は、新型デイトナのスチールモデルにさらわれてしまいました。(以前の記事参照)

その中で、目新しさという点からすると最も地味な新作となったのが、NEWエクスプローラーⅠです。

新型と言いつつもレファレンスナンバーはRef.214270と変わらないため、何も変わった点はなさそうに思えますが、そこはロレックス。

きっちりと進化させています。

その変更点は大きく言って2つのポイントに集約されます。

 

一つ目は、3・6・9のアラビアインデックスに青く光るクロマライト夜光が施された点です。

エクスプローラーⅠは元々視認性に定評がありましたが、以前のモデルでは3・6・9のアラビアインデックスには夜光が施されていなかったため、明るいところで見た場合と比べると、どうしても夜間の視認性は落ちてしまっていました。

冒険者のための時計というエクスプローラーⅠは、あらゆる状況下において優れた視認性を提供するとしていましたが、そのコンセプトからすると、ユーザーにはやや不満を感じる部分ではあったようです。

それが今回の仕様変更で改善されました。

 

二つ目の変更点は、針の幅が広くなり、ミニッツインデックスに届くまでの長さになった点です。

地味な変更点ではありますが、以前のエクスプローラーⅠを知るファンにとっては決して見逃せない大きな変更点となっています。

Ref.214270のエクスプローラーⅠは2010年に発表されたのですが、この年、エクスプローラーⅠは搭載ムーブメントを変更するというモデルチェンジをしています。

36mm径のRef.114270からRef.214270へのモデルチェンジでしたが、針の長さについて、ファンの間では不満が続出したポイントだったのです。

ケースサイズが3mmもアップしたのに、針の長さが以前のままだったため、明らかに針の長さと新しいケースサイズのバランスが不釣り合いだったことから ”手抜きじゃないのか?” と不満を口にするファンも少なくなかったそうです。

そんなファンの不満もロレックス側ではきちんと把握していたのでしょう。今回の新型できちんと修正してきました。

 

さらに、搭載ムーブメントは従来の耐震ばねよりも耐衝撃性能を50%向上させた、ロレックス独自のパラフレックス ショック・アブソーバーを備えるCal.3132です。

ムーブメント自体に変更はありませんが、2015年にロレックスが再定義した高精度クロノメーター基準に準拠したものとなっています。

214270

NEWエクスプローラーⅠ 214270