カテゴリー別アーカイブ: エアーキング

NEWエアーキング

NEWエアーキング

2016年のバーゼルワールドで鮮烈に復活を遂げたエアーキング。

1940年代のロレックスは、スピードキングやコマンダーエベレストなど文字盤に様々なペットネーム(オイスターやオイスターパーペチュアルなどのモデル名とは別に、多彩な文字盤デザインの愛称のようなもの)を持つモデルを次々にリリースしましたが、エアーキングもそのひとつでした。

次々と登場したのは良いものの、多くのペットネームは早々に姿を消すことになり、唯一残されたのが最古のペットネームモデルのエアーキングでした。

70年近くも製造されたロングセラーでしたが、2014年のマイナーチェンジによって突然文字盤の「Air-King」のロゴが消えてしまい、34mm径のオイスターパーペチュアルの1バリエーションだけになってしまいました。

とうとうエアーキングも長い歴史に幕を閉じてしまったのか・・・・と思われていましたが、2016年のバーゼルワールドで突然の復活を遂げたのです。

 

新生エアーキングのコンセプトは航空時計です。

公式情報によると、「飛行史においてオイスターが果たした役割へのオマージュであり、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ時計」として発表されています。

 

大きな3・6・9のアップライトインデックスは、前モデルのエアーキングと同じ特徴ですが、飛行時間が一目で計測できるように5分単位のミニッツインデックスを組み合わせた文字盤は、新生エアーキングのデザイン的な特徴の一つです。

 

加えて注目すべきは、伝統的なパイロットウォッチがそうだったように、新生エアーキングも耐磁仕様となっていることです。

耐磁時計のミルガウスも採用する耐磁性に優れたCal.3131を搭載し、さらにムーブメントを磁場の影響を受けないようにする磁場シールドまで備えています。

 

シンプルなデザインと機能、小ぶりなサイズ、リーズナブルな価格設定でロレックスファンに長年愛されてきたエアーキングは、航空時計とコンセプトとするスポーツ時計へと変身を遂げました。

 

デイトナのスチールモデルが話題をさらったロレックスですが、デイトナに次ぐ注目のモデルとして、多くの人々の目を奪ったことは間違いないようです。

air-king-116900

ROLEX Air-King 116900